親テーマtmp内のファイルを子テーマのディレクトリへアップロード

wordpress
この記事は 約5分 で読めます。

もしかしたら…と試したら普通に適用されたので一応記事に
これで親テーマのアップデート後に弄ったファイルで上書きしなくて良くなった

Themes:Cocoon | SEO・高速化・モバイル最適化済みの無料WordPressテーマ

Sponsored Link

思い立った経緯

他に同じような事をしているファイルは無いんだけど
「そういえば、これ子テーマディレクトリに同じのを作れば適用されるんじゃね?」
と思いたち実際にやってみたら出来たって感じですw
もしかしたらみんなこれはやっているのかも知れないけどね…

親テーマに上書きしていたファイル

一度親テーマから必要なファイルをローカルの子テーマディレクトリにダウンロードし
編集後親テーマのTMP内へ上書きしていたファイル

breadcrumbs.php
footer-bottom.php
footer-meta.php
mobile-menu-buttons.php

の4つです

breadcrumbs.php

パンくずリストのファイルですね、以前にも記事にしたと思うけど
日本語表記を英語表記に変更しています

<span itemprop="name">'.__( 'home', THEME_NAME ).'</span></a>

footer-bottom.php

ファイル名通り、良いなと思ったアーカイブをウィジェット化する方法が分からなかったので
ファイルに直接追記して、プロフィールやトップに戻る
プライバシーポリシーへのリンクを入れています

ここはコードが長いので割愛、3カラム化をし左にプロフィール、中央空、左アーカイブ
カラム解除をしコピーライト、ホーム、プライバシーポリシーです
アーカイブ部分はこちらの記事のものを使わせて貰いました

WordPressの月別アーカイブをコンパクトに出力する
wp_get_archives() 関数だとずらっと並んでしまう月別アーカイブを、1年1行ずつコンパクトに出力する方法のメモです。便利なプラグインもあるので自力でやることでもないのですが、せっかくなので書き残しておきます

footer-meta.php

この部分は筆者名?の部分ですね、IDが出ちゃうのを避けるために
自分のツイッターへ飛ばすように変更してあります

<div class="footer-meta">
    <div class="author-info">
        <a href="https://twitter.com/haineons" target="_blank" rel="nofollow">
        <span class="post-author vcard author" itemprop="editor author creator copyrightHolder" itemscope itemtype="http://schema.org/Person">
        <span class="author-name fn" itemprop="name"><?php echo $name; ?></span>
        </span>
        </a>
    </div>
</div>

mobile-menu-buttons.php

モバイル表示用のメニューボタンのファイルですね
ここも日本語表記から英語表記に変更

<span class="navi-menu-caption menu-caption"><?php _e( 'menu', THEME_NAME ) ?></span>
<div class="home-menu-caption menu-caption"><?php _e( 'home', THEME_NAME ) ?></div>
<span class="search-menu-caption menu-caption"><?php _e( 'search', THEME_NAME ) ?></span>
<div class="top-menu-caption menu-caption"><?php _e( 'top', THEME_NAME ) ?></div>
<span class="sidebar-menu-caption menu-caption"><?php _e( 'side bar', THEME_NAME ) ?></span>

FTPでの作業

FTPでサーバへ接続し、テーマファイルのディレクトリを開く
子テーマファイルのディレクトリで新しくtmpディレクトリを作って
そこへ上書きしていたファイルをアップロードすれば完了!簡単ですね

おわり

なんで突然思いついたのかさっぱり思い出せないけど
これで毎回上書きしていた作業が無くなるので良かった
もし同じ様に親テーマのtmp内ファイルを変更していて上書きしていた人はお試しを

[share]

タイトルとURLをコピーしました