EaseUS ToDo Backupを使ったクローン作成方法

ドライブpc
出典:https://www.pexels.com/
この記事は約4分で読めます。
Sponsor Link
Sponsor Link

15~16日に開催していたAmazon PrimeDayでそのうち買おうと思っていた
Samsung 860 EVOがセール対象になっていたので購入しました^^

そこで今回はEaseUS Todo Backupを使ったシステムクローンの作成方法を記事にしておきます

パーティションスタイルの確認

まずは使用中のドライブのパーティションスタイルを確認します

作成、換装で嵌らないための大事なポイントです

Windows7の場合なのでWindows10とは少し違うかもしれません

確認方法はWinキーを押してコンピュータの所で右クリックし管理を開く
パーティションスタイルの確認
そうすると画像のようにコンピューター管理画面が開かれるので
パーティションスタイルの確認
パーティションスタイルの確認

画像のように確認していきプロパティ ボリューム部分のパーティションのスタイルを確認しましょう
この部分が現在使用しているドライブのスタイルになるのでコピー先のドライブも同様にします
パーティションスタイルの確認
ここをコピー元、コピー先と合わせないと嵌ります
自分の場合はMBRですが、ここがGPTの場合もあるので間違えないようにしましょう

Sponsor Link

Todo Backupでクローン作成

まずはソフトをダウンロードしてインストールしておきましょう、確かインスト後に再起動をしてくれと言われた気がします

todo backup
インストールが終わったら起動をします、ここではシステムクローンを作りたいので画像の部分をクリック
そうするとドライブの選択画面になるのでコピー先のドライブを選択して実行を押します
todo backup

todo backup
クローン作成中の画面はこんな感じです、ドライブ容量、コピー容量によって変わりますがそこそこ時間が掛るのでまったり待ちましょう

todo backup
クローンが無事に完成するとこのような画面になり終了です
今回は500GBドライブ、システムドライブが約380GBで約26分掛かりました

同一ドライブ内のパーティションクローン

パーティションを切って?いる場合は更にそのドライブのクローンを作成する必要があります
todo backup
今回はシステムではないので通常のクローンをクリックします
todo backup
まずはソース(コピー元)のドライブを選択し次へを押してコピー先を選択後実行です

todo backup
システムクローンと変わりませんが、ドライブ容量が違うので約5分で終わりました

HDDからSSDへのクローンの場合高度なオプションをクリックして
SSDに最適化だったかな?にチェックを入れておくと良いでしょう

ドライブを入れ替えて確認

ここまでの作業をするのにコピー先のドライブも接続してあると思うので、コピーが終わったら管理画面やエクスプローラーなどでちゃんとコピーが出来ているか確認をしておきましょう
問題がなければ元のCドライブと同じようにファイル等がコピーされている筈です

ここまで問題がなければPCを落としてドライブの入れ替え、電源投入!無事に起動すれば完了です^^
クローン作成時に自動でドライブ名が割り当てられますが、入れ替えればシステムドライブがCドライブに変更されます
コピー元のドライブもそのまま使いたい場合はフォーマットする前に一度ドライブを外し
ドライブ名を変えたあとに再度接続してフォーマットすると良いんじゃないかと思います

もしブートしない場合はパーティションスタイルがコピー元、コピー先で違っている可能性があるので
パーティションスタイルの確認の所で書いたようにスタイルを確認してみましょう
同一なのにブートしない場合は…グーグル先生に聞いてみましょう(;・∀・)

まとめ

そのうち買ってシステムクローン作成、入れ替えをしようとは思ってたけど
正直嵌ったら嫌だなぁ…あんまりやりたくない…とも思ってました
しかしHDD SSDへ換装の恩恵は絶大だし!とやってみたらあっけないぐらい簡単に終わりました
パーティションスタイルさえ同一にしておけば嵌まることはほぼ無さそうなので躊躇している人もやってみると良いですよ

自分と同じようにパーティションを切っているとクローンを2回作成(システムとその他)しないとならないので
作成時間は掛かるけどドライブ換装後の速度はほんとに速いのでやる価値はありますよー

[share]

タイトルとURLをコピーしました