現在自動広告をテスト中です。場所によっては鬱陶しいかもしれませんがご了承ください。

【PC】32GB積んだメモリの一部をRAMディスク化してみた

pc
出典:https://pixabay.com/
この記事は約5分で読めます。

新しく積んだ16GBx2の32GBメモリが思ってたほど使われてない感じなので
メモリをRAMディスク化してみようって事でやってみた

=== Comodo Internet Securityをインストールしている場合の注意点を追記 ===

ImDisk Toolkit

使用したソフトはImDisk Toolkit、有り難いことにフリーソフトとなっています
あまり調べてないので詳しい事は分からないけど、大体RAMディスクソフトは上限が4GBまでらしいんだけど
このソフトはその壁を突破できるらしいのでこれにした感じです、そこまで大量にRAMディスク化する訳じゃないけどね

サイト

ダウロードは以下のサイトから

ImDisk Toolkit
Download ImDisk Toolkit for free. Ramdisk for Windows and mounting of image files. This tool will let you mount image files of hard drive, cd-rom or floppy, and...

32/64bit版がありますので使用しているOSに合わせたものをダウンロードしましょう

インストール

ファイルをダウンロードしてきたらダブルクリックなり開き、各種設定をしてインストールします
imdisk
赤枠の部分は構成ツールなどみたいなのでチェックは入れておいた方が良いかも

オプション部分は以下の通り

1. コンテキストメニューへの追加
2. エクスプローラーで管理権限を要求するか
3. ショートカットをデスクトップへ作るか
4. RAMディスクを自動でロードするか

必要に応じてチェックを入れたり外したりしましょう
残念ながら言語設定に日本語はありませんので英語選択

Sponsor Link

使い方

各画面の説明と使い方

Basicタブ

imdisk
メイン画面はこのようにシンプルです

名称説明
sizeここはそのままですね、4GB以上の作成が可能
allocate memory dynamicallyメモリの動的割当
RAMディスクを使用時に容量を確保してくれるらしい
drive letter指定したいドライブ、お好みで
デフォルトはR
file systemデフォルトでいいと思います
NTFS / FAT / FAT32 / exFATがあります
launch at windows startupOS起動時に同時にRAMディスクの起動
create TEMP folderOSのTEMPフォルダをRAMディスク上に設定するか
ここをチェックしその下をクリックすると次のような画面になります

imdisk
set all to:を押すと設定されているディレクトリに全てを配置するようになります
個別で指定したい場合は変更したい所のみ変更しましょう

Advanced

imdisk

名称説明
cluster sizeクラスタサイズ
drive labelドライブラベル

変更する場合は共にお好みでどうぞ
赤枠の部分はクイックフォーマットをするか、圧縮をするかです
use AWE physical memoryはよく分かりません(;・∀・)

Data

imdisk
このタブではRAMディスクを他のディスクへ保存する為の設定をすることが出来ます

設定をしてOKを押すとRAMディスクが作成されますがこの時Windowsの高速スタートアップが有効になっていると無効にしてねという警告が出るので
imdisk
赤枠部分のshutdown settingsを押して電源設定へ飛んで設定を変更しましょう
imdisk
以上で作成は完了

Ramディスク化時の注意点

Ramディスク化すると読み込みなどが早くなり便利なんですが注意点もあります
ほぼ問題はないんだけど、一部ソフトのインストールをする場合Ramディスク化をしたままだとエラーを吐かれインストールが出来ない場合があります
原因がディスク化の場合はTMPディレクトリをデフォルトに戻すとインストールが出来るようになる筈です

デフォルトに戻してもインストールエラーが出る場合はファイアーウォールやアンチウイルスソフトのHIPSを一時無効にすると大丈夫だと思います

Comodo Internet Securityをインストールしている場合

CISをインストールしている場合Comodo Internet Security Helper Service(cmdagent.exe)が暴走することがあります
CPU使用率が20~30%ぐらいになり一部動作が重くなる症状です
この症状が出た場合の対処方法はディスクをアンマウントするか以下のコマンドをコマンドプロンプトから実行すると収まります

fsutil usn queryJournal <Drive Letter>: ドライブレターは指定している文字

自分はコマンドの方はまだうまく行ったことがないけど、アンマウントの方で収まりました
プロンプトからコマンドを打つのが心配な場合は検索をかけて調べるか、素直にアンマウントをしましょう

情報を出してくれた先人に感謝を!

まとめ

今回はメモリ容量が余っているのは勿体ないなーと思ったのでRAMディスクを作成してみたという記事でした
作成もすんなりといった感じで出来たので、こんなに簡単なの!?と思いました
今の所UserTEMPディレクトリ、ブラウザ(Chrome)のキャッシュをRAMディスクに指定しただけなのでなんとも言えませんが
Basicタブ内にあるallocate memory dynamicallyが優秀だなと思いました
使用する時にだけメモリが使われるのでファイル等がない場合はRAMディスクに使われることもありません
なので容量を大きめに作成しておき必要に応じて使ってもらうという使い方ができます

メモリの価格は一時期に比べると値段は上がっていると思うけどまだ安い方だと思うので
もし容量を多く積んでいたり、買増して増やしたり、RAMディスクに興味がある人はお試しあれ

[share]

タイトルとURLをコピーしました