【簡易レビュー】SOUNDPEATS Truengine 3SEを購入

gadget
この記事は約8分で読めます。
Sponsor Link
Sponsor Link

13~14日にかけて行われたAmazonPrimeセールで安くなっていたSoundPeatsのトゥルーワイヤレスイヤホンを買いました
SoundPeatsのトゥルーワイヤレスはこれで2台目ですね、Truengine 3SEはフラッグシップの1つ下のモデルっぽい?

主なスペック

Bluetooth規格5.0
プロファイルHSP 、HFP、 A2DP、AVRCP
チップセットQCC3020
対応コーデックApt-X、AAC
ドライバ高音・低音のデュアルドライバ
バッテリ容量580mAH
再生時間イヤホン単体で約6.5h、充電ケース併用で約30h
充電方法USB Type-C
防水IPX5
TWS Plus音飛びやノイズ軽減、使用時間の向上

公称にはなるけど再生時間が単体で6時間超えになったんですねー大体2時間半~3時間ぐらいだったのが倍になってるのは普通に凄い
充電ケース併用すると丸一日以上使えるって凄いね
あとは対応コーデックにApt-X、AACの追加や充電方式がType-Cになったのも大きいかな

操作部分が前バージョンの物理スイッチからタッチ式に変わったみたい

写真


ちゃんと技適マークがあります


内容はこんな感じで本体+充電ケース、イヤーピースS/M/L(多分本体に装着済みがM)、更に1つだけコンプライのイヤーピースが付いています
種類はTrue GripのMサイズです

コンプライのイヤホンチップで生まれ変わるあなたのイヤホン
コンプライは、遮音性、装着感、原音伝達性に優れた、イヤホン性能を最大限に引き出すイヤホンチップです。

充電用のUSB Type-Cケーブルと説明書

ペアリング方法

本体をRL一緒に取り出すとイヤホン同士が認識し、認識が完了すると音声が流れる
認識が完了した後左側のインジケーターが長く点灯、右側のインジケーターが赤と白で点滅するとペアリングモード、その時に通知音が鳴ります
端末(スマホなど)のBluetooth設定画面にSoundpeats truengine 3seがあると思うのでタップ、接続されるとConnectedと音声が流れます
続けてSoundpeats truengine 3se Lのペアリングが要求されるのでタップして完了です
一度端末側でペアリング設定を完了させれば次回からはイヤホンをケースから取り出せば自動で認識してくれます

リセット方法

再度ペアリング出来ない場合や端末がイヤホンを認識出来ない場合などは本機をリセットしてくれとのこと
 1.端末側の接続履歴を消す
 2.イヤホンを充電ケースに置き充電状態で両方のイヤホンのタッチパネルを同時に10秒間タッチする
 3.インジケーターが2回白く点滅したらリセット完了

操作方法

Sマークのある色が変わっている部分がタッチパネルです

電源オン自動操作:本体をケースから取り出す
手動操作:タッチパネルを1.5秒間タッチ
電源オフ自動操作:本体をケースに入れる
手動操作:タッチパネルを10秒間タッチ
再生/一時停止タッチパネルを素早く2回タッチ
音量アップ右側のタッチパネルを1回タッチ
音量ダウン左側のタッチパネルを1回タッチ
曲送り右側のタッチパネルを1.5秒間タッチ
曲戻し左側のタッチパネルを1.5秒間タッチ
電話を受けるタッチパネルを素早く2回タッチ
着信拒否タッチパネルを1.5秒間タッチ
通話切り替えタッチパネルを2秒間タッチ
ペアリングモードタッチパネルを6秒間タッチ
端末の音声アシスタントタッチパネルを素早く3回タッチ

使用感

スマホと連携させて音楽を聴いてみたけど…これは凄い!正直びっくりした
高いものとか性能がいいイヤホンは持ってないし試したことがないから比較のしようはないんだけど、少なくとも手持ちのイヤホン(ワイヤレス、ワイヤード問わず)の中でも音は抜群に良いです
ワイヤレスイヤホンって低音が弱かったり高音がいまいち…なんてのが多いイメージあるんだけど、これは満遍なくなってる感じです
ここらへんはデュアルドライバ搭載やBluetooth5.0の恩恵って所なんですかね
エージング前でこの音質でバッテリー持ちも良いって言う事なら文句のつけようが無いです

遮音性はもともと付いていたイヤーピース使用でも特に気になる感じは無かったかな
音漏れも爆音にしない限りは大丈夫だと思う…そんな音量にしないからなんとも言えないけどw

試せていない部分で気になる所は人の多い場所などでの接続障害ですね
一応サイトの情報などでは問題ないとのことだけど、実際どうなんですかねぇ

後はマイクですね…こればっかりは電話なりボイスチャットなりをしてみないと分からない…
ノイズキャンセリング機能が付いていたり、デュアルマイクみたいなので大丈夫そうかなとは思いますが

まとめ

手持ちのトゥルーワイヤレスイヤホンが記事を見たら2年も前の奴だったので、それに比べたらそりゃ進化してるよなーとは思ったけど想像以上に進化していてびっくりしました
超有名メーカーの数万もするようなトゥルーワイヤレスイヤホンは使ったことないし買う予定もないけど、1万以下、セールなどで5千以下になることもある価格帯の中ではかなり良いものじゃないかな?
この価格帯の物は当たり外れも大きそうだけど、少なくとも自分が使った限りでは他の人にも薦められる商品だと思いました

今のご時世だとあまり出歩けない…なんてこともありますが、1万円以下で使用時間、音質の良いトゥルーワイヤレスイヤホンを探している人は是非お試しあれ
PC用にBluetoothドングルを一緒に買って使うのもありですよ

[share]

Comments

タイトルとURLをコピーしました