子テーマを作成する時に最低限必要なもの

wordpress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
Sponsor Link

写真を上げている方のサイトのテーマをちょっと変更してみた
そのテーマのカスタマイズ用に子テーマを作る時にちょっと詰まった部分があったので備忘録記事など

子テーマに最低限必要なもの

・ functions.php
・ style.css

とりあえずこの2つ、あとはカスタマイズしたいファイルがあればそれをアップロード

参考例
アナリティクスやタグマネージャなどのタグを挿入する場合にはheader.php
フッターをカスタマイズしたい場合はfooter.phpみたいな感じ

設定

FTPでテーマディレクトリに子テーマ用のディレクトリを作成しておく
なるべく分かりやすいように 親テーマファイル名+childみたいな形が良いかも

ファイル設定

まず子テーマ用のfunctions.phpに以下を追加する

<?php

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
  wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}

検索をかけて探していた時は他にも追加するコードがあるものがあったんだけど
それだと500エラーが出たりindex.phpが必要ですなど言われたので上記の形になりました
ちゃんとindex.phpを一緒にアップすればエラーは出ないんだけど
そのファイル自体も弄らないといけなくなるから面倒くさいしね

次は子テーマ用のstyle.cssの設定

@charset "UTF-8";

/*
Theme name: 子テーマ名
Template:   親テーマのディレクトリ名
*/

キャラセットは必要ないのかも知れないけど一応
最低限子テーマ名と親テーマのディレクトリ名を入れておけば問題ないみたい
あとはここへカスタマイズしたいクラスを指定して書いていく形ですね

この他にもカスタマイズしたい物があればやっておき
編集が終わったら先に作っておいたディレクトリへアップロード(functions.php、style.cssなど)
この時にスクリーンショットも一緒にアップすると分かりやすくなると思う
アップが終わったらサイトのwordpressへログインして子テーマを有効化で子テーマが適用される感じ

おわり

ほぼ自分用の備忘録記事みたいな形だけどたまには良いでしょうw
今回海外製のテーマを使ってみてるんだけど、サイトの見た目は好み…でも色々足りないなーと思うことも多かった
ウィジェット関連は付いてるのも多いけどねーちょっとメインで使うには辛いかなと思った
有料テーマだとまた違うんだろうけどさ

[share]

タイトルとURLをコピーしました