Link Library

wordpress
この記事は 約4分 で読めます。

サイドバーをもう少し短くしたくなり、各リンクを固定ページに移動してリンク集を作りました
そこでいちいち手書きをしなくても良いようにLink Libraryを導入したのでその記事です

Sponsored Link

Link Library

Link Library
このプラグインの目的は、リンクカテゴリーのリストを出力する機能と、メモや説明との完全なリンクリストを追加することです。

プラグインをインストール、有効化するとメニューにLink Libraryが追加されるので
必要な部分の設定をしていきます

一般オプション


日本語化ランゲージを入れてあるので一部日本語化されています
ここは特に弄る所は無いと思います、ライブラリ数を増やすぐらいですかね

ライブラリ設定


一番最初は現在のライブラリ設定、ショートコードの確認など

ライブラリ設定/一般


ここで一般的に設定をします、基本的には弄る所は無いと思います

ライブラリ設定/カテゴリ


ここでカテゴリ表示の設定をすることが出来ます
デフォルトだとカテゴリ名が縦に1つずつ並ぶので、テーブル列数を3に変更してます

ライブラリ設定/高度な設定


高度な設定で表示部分をかなり変更することが出来ます
自分はリスト項目を通常のドットからwebアイコンに変更したかったのでリンク前のタグを変更

- <li>
+ <li class="linklibrary">

それとデフォルトのままだとリンク説明を表示させた場合、リンクの横に来てしまうので
リンク説明(ノーマルor大)横のチェックを入れ、改行コードを入れました

ライブラリ設定/css

CSSの設定、デフォルトは勿論何もありません(リセットを押すと表示はされます)
上からカテゴリ表示部分の装飾、リスト表示記号の排除、新たにwebフォントで装飾を追加
リスト表示部分にクラス名を追加したのは、デフォだと他の部分にも影響した為
この様にしっかり指定をするために、上の高度な設定でクラス名を追加したわけです^^
(コピペしても何故か登録を押すと画像のようにズレるのよね…)

追加リンクパラメーター

新規追加やリンクの編集をする所に上記が追加されます、高度な設定にあったリンク説明大など
リンクのちょっとした説明を付けたかった為書き込んでありますが特に書く必要はありません

リンク表示

デフォルト状態

cssでの装飾&見た目変更後

cssで装飾や見た目を整えて完成
実際にこのサイトの  リンクページの抜粋がこんな感じです
cssを追加するのに指定タグがわからないと調べないといけませんが
Google先生に聞けば一杯出てくるので問題はないと思います
cssでこんな風に少しスタイリッシュ?に変更することも出来ますよ
(実際スタイリッシュかどうかは分かりませんけどw)

おわり

今回はサイドバーをもう少し短くしたくなってリンク集を作るためにプラグインを導入しました
思いの外設定できる部分が多く、少し時間は掛かりましたが満足の行く物が出来たかな
最初に設定をしっかりしちゃえば、そうそう変更することもないですし
あとはリンクを追加したくなった時にメニューのリンクで追加していくだけです

ここ数年はリンク集の意味は余りなくなってきたと言われているみたいですが
今回の自分のような事をしたいなどで別途ページを作るのに楽が出来るプラグインです

[share]

タイトルとURLをコピーしました