reCAPTCHA v3を導入してみた

wordpress
この記事は約3分で読めます。
Sponsor Link
Sponsor Link

コメント欄の認証に今まではSiteGuardの機能である認証機能を使っていたんだけど
Lazyloadを使っていなくてもコメント欄にある画像認証が壊れている画像になることがあり
どうにかならんかなぁ…とreCaptchaを導入してみました

以前にメールフォームに使えないかなーと作成してあったけど
今回バージョンが3になっていたので、そちらを使ってみました

コードの取得

前提としてGoogleアカウントが必要です

reCAPTCHA
reCAPTCHA is a free security service that protects your websites from spam and abuse.

まずreCAPTCHAのサイトへ行き

reCAPTCHA

My reCAPTCHAを押して作成をします

reCAPTCHA

このような画面になるのでバージョン3か2を選んでRegisterを押します
ラベルは自分の分かりやすい名前にしておきましょう

reCAPTCHA

作成するとこのようにコードが表示されるのでスクリプトコードをheader.phpへ追記しておきましょう
上の画像はv3のコードでv2を選んだ場合は少し違います

Sponsor Link

プラグインの導入

検索するとreCAPTCHA用のプラグインは色々出てきますが自分はこれを入れました
v2以前の物を使う場合にショートコードが使えるので便利ですよ

Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft
Protect WordPress website forms from spam entries with Google reCAPTCHA.

Google Captcha

インストール、有効化し設定画面に行くとこのようになっているので
サイトで作成してきたSite key、Secret keyを入れます
General部分はどこで使うかなので、必要な所にだけチェックを入れましょう

Pro版にするとこれらのフォームなどでも使用できるようになります

Google Captcha

下の方にスクロールすると使うバージョンが選べるので、自分が作成したバージョンに合わせます
すべての設定が終わったら Save Changesを押して保存をしTest reCAPTCHAを実行します
きちんと設定されていれば2つ上の画像のようにチェックが入ります

導入されているか確認

v3の場合は簡単に確認ができます

reCAPTCHA

導入されるとブラウザ右下にこのような物が出ているはずです
v2は自分が使う場所で選んだ所にチェックボックス等があるはずです

リクエストやスコアの分布は公式サイトから確認することが出来ます
トラフィック

一時期かなり長いこと待っていてもデータが表示されなかったんだけど
いつの間にか表示されるようになってました

まとめ

当サイトはコメントやメールが一杯飛んでくるような事はないけど
コメント欄やメールフォームを設置している以上は対策をしておかないと…と思っているので
認証画像が壊れていてポスト出来ないっていう状況をなんとかしたくて今回導入した感じですね

今回導入するにあたってv2も試してみたんだけど
headerへのコード挿入とプラグインの設定が終わっていれば完了するv3と違い
フォームには自分で入れなきゃいけませんでした
この部分は使っているフォームプラグインなどで変わると思いますけどね
でもGoogle Captchaならショートコードが使えるので楽でした

送信ボタンに仕込んだり、サーバサイドへの挿入?もあるんだけど
その部分はやっていなくても、ちゃんと動いてるっぽいです(プラグインがやってくれているのかな?)
ちゃんと動作しているか念の為テストは必要だと思いますけどね

自分的にはv2でも特に問題はないんだけど、あのチェックを入れる手間が嫌!
っていう人が一定数居るのも分かるし、その気持も分かります
なのでv3の形式は良い形なのかなーと思いました

[share]

タイトルとURLをコピーしました